専従者による獅子舞、そして唯一無二の古典芸能

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽は、芸能の発祥地である三重県桑名の出身者を中心に担ってきた古典芸能です。

450年以上の歴史を持ち日本で唯一の専従者(プロ)の獅子舞として国指定重要無形民俗文化財の指定を受けるなど、唯一無二の芸能として確固たる地位を築いて参りました。

しかし、世襲を中心とした後継者選びもあり古典芸能の宿命とも言える担い手不足に悩まされ昭和70年代~平成10年頃までは担い手の高齢化が進みました。

 

 

今、大神楽師を志す若者が増えています。

世襲制度もあり、県外出身者にとって大神楽師への道はかつては狭き門でした。しかし平成中期に入り近代化する現代において改めて日本固有の文化や古典芸能の価値が見直され、伊勢大神楽においても全国から担い手の入門希望者が数多く集まりました。

山本勘太夫社中は平成20年より15年間を「芸能を一層飛躍させる重要な時期である」と認識し、伊勢大神楽における世代交代の時代と位置づけ、一層の芸能の飛躍を目指し改めて全国から新時代の大神楽師を募りたいと思います。

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

△NHKBSプレミアム出演/大阪城での総舞(平成30年)/”いけだ落語うぃーく”出演(平成29年)

伊勢大神楽講社において現在最も勢いのある社中と言われ、テレビ出演や様々な公演への出演依頼など数多くの大舞台を経験するなど、近年の大幅な世代交代・人材育成が功を奏している。

 

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

△日頃の稽古の様子(放下芸の稽古)

 

平成24年度の大神楽師一般募集開始以降、多くの若者が入門を果たし、当社中所属の大神楽師として活動しております。

大神楽師一般募集

平成24年度 志願者2名 不可

平成25年度 志願者4名 入門者1名

平成26年度 志願者5名 入門者1名

平成27年度 志願者1名 入門者1名

平成28年度 志願者3名 入門者3名

平成29年度 志願者2名 不可

平成30年度 志願者2名

 

平成30年現在、社中6名・保存会員3名  計9名中5名が県外出身者となっています。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

 

入門するには?

入門に至るまでの流れは至って簡素なもので、基本的には現職の大神楽師と面談を行うのみとなっております。

 

まずは、メール・電話・書類等で伊勢大神楽講社 山本勘太夫社中宛に入門の意志をお伝え下さい。

 

山本勘太夫社中運営部

mail連絡先:info@kandayuyamamoto.jp

問い合わせ先:0594-73-2788

入門志願に際しては、以下の規定を満たしている必要があります。

性別:男性のみ 推奨年齢:18歳~25歳 応募可能年齢:30歳まで

 

 

よくあるご質問

 

質問:お囃子・舞踊の経験など全くない自分でも入門に問題はありませんか?

答え:大神楽師として必要となる”篠笛・太鼓・唄・舞・放下芸・萬歳(漫才)”の稽古や、祈祷・神楽奉納における基礎知識の修得、また神具の管理・制作など、伊勢大神楽を構成する各種職能の指導は全て入門後に開始致します。プロとして活躍する大神楽師の全員が入門当初は全くの未経験者です。

 

質問:入門後の大神楽師の生活について教えて下さい。

答え:伊勢大神楽の生活は一年の大半が旅の空です。社中により様々ですが勘太夫社中では約210日を旅先で過ごします。450年以上に渡り、各地方の回檀(檀家回り)日程が遵守されており、例年同じ季節に同じ町へ出向きます。また、春~夏に掛けては約70日の長期休暇を設けており、遠征との切り替えが魅力です。また、大神楽師は室町から平成に至るまで続く日本古来の職業ですが、現代における職業の観点から見た場合でも、素晴らしい環境にあると言えます。旅の生活においても衣食住の環境が万全に整えられ、尚且つ見習い期間から大神楽師固有の手当支給があるため、十分に稽古・勉強に没頭する事が可能となっています。古い仕事ゆえに現代の若者たちにはむしろ”新しい”仕事と実感するかもしれません。

※その他、 応募に関するご質問は【問い合わせ】より受け付けております。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

 

 

若手大神楽師紹介

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

 

△平成28年入門 松下雄陽

大神楽師一般募集四期生。大学在学中に入門し稽古や回檀への帯同など経験を積んだ。入門後一年を待たず頭角を現し、放下師として二年連続二度、増田神社奉納の舞台を踏むなど、今後一層の飛躍を期待されている。