動画共有サイト”Youtube”『伊勢大神楽講社公式チャンネル』を更新致しました。

 

 

大神楽いろは”旅と支度”篇です。

大神楽いろはでは、伊勢大神楽講社の歴史や文化・信仰における様々な要素にスポットを当て、長い歴史の中で受け継がれてきたモノや変化してきたモノ…ひとつひとつを丁寧に描きだしていきます。

〇形代(かたしろ) これまで絶やすことなく行われてきた獅子による”頭噛み”ですが、令和2年度より新型コロナウィルスの世界的に流行に伴い、伊勢大神楽講社において山本勘太夫社中のみが人口の多い都市部の檀家を多く受け持つ事から、頭噛みの御祓いを自粛しています。 形代とは御祓いを受ける人の代わりとして用いられる人形を指し、山本勘太夫社中では独自の感染防止策として令和3年元旦より頭噛みの代わりとして世帯ごとに形代噛みの御祓いを行っております。