令和2年度 感染病による中止を経て2年ぶりとなる総舞実施

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

令和3年12月24日 三重県桑名市太夫 増田神社にて総舞奉納を行います。

本年は制限を設けての実施と致しますので、本ページ最下部の概要を必ずご確認下さい。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

△令和二年度 無観客奉納の模様

 

伊勢大神楽の本拠は三重県最北の町桑名。かつてはお伊勢参りの旅へ訪れた旅人を御師が迎え入れる伊勢国の玄関口として栄えました。

450年以上も昔より竈祓いで諸国を巡り、各地に檀那場を持つ事で全国に大きな影響力を持っていた伊勢大神楽は江戸後期に内宮御師とも結びつき、今日の伊勢信仰の普及に大きな役割を果たしたと言われています。

伊勢国の玄関口であり、諸国を旅する伊勢大神楽の本拠である桑名市太夫村。

伊勢大神楽講社の全5社中が一年の旅を終え、太夫は増田神社へ帰還し祭事・総舞を執り行います。

 


△増田神社総舞の模様

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

宗家である山本源太夫を筆頭に森本忠太夫・山本勘太夫・加藤菊太夫・石川源太夫の五社中が合同で総舞を行います。

本年は参加自粛の社中も御座います。

かつては新年の舞始め。現代では一年の舞終い

かつては、新年の旅へ向け準備を終えた各社中が出発前の年度の舞始めとして増田神社拝殿にてそれぞれ神楽奉納を行っていました。現在の総舞は、三重県の文化財指定を受けた際に合同での奉納へと姿を変えていったものです。

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

増田神社 総舞の華である、複数社中による合同の花魁道中(魁曲)です。

本年は規模縮小しての実施となります。

 

増田神社総舞の記録を収めたドキュメントです。

令和3年度総舞概要

下記制限あり
◯座席(椅子席ではなく敷物上のお席)約120組分
◯座席は個人もしくは団体ごとに1mの感覚を開けて着席
◯立見・撮影者はスペースを限定して受け入れ(例年は自由往来)
◯駐車場無し
◯雨天時は無観客奉納(例年は実施)
◯国もしくは三重県からの緊急事態宣言発出時は県内の方に限りご観覧を推奨させていただきます

日時:12月24日(金)12時半~13時半予定(平年の3分の1程に短縮して実施)

場所:増田神社(伊勢大神楽講社)

住所:三重県桑名市太夫155

問い合わせ:0594-21-5416

参加:山本源太夫社中・森本忠太夫社中・山本勘太夫社中・石川源太夫社中より約20名

加藤菊太夫社中・・山城修社中(紀州支部)の令和3年度参加は自粛致します。

 

 

*増田神社には自動車駐車場が御座いません。お越しの際は交通機関をご利用下さい。JR・近鉄「桑名駅」下車後、三交バス「ネオポリス」・「大山田団地」方面行に乗車、「太夫」にて降車です。