獅子舞による御祓い

伊勢国(三重県)では、古来より獅子頭には疫病や飢餓を祓う悪魔除けの力があると信仰されており、中世には伊勢国の各地の祭礼で獅子神楽による門付が行われていたと考えられている。寛政9年(1797年)に発行された古文書“伊勢参宮名所図会”には「代神楽獅子舞6組出づる。諸国竈祓いをなす」との記述があり、近世には伊勢大神楽が伊勢国を越え諸国で竈祓いの旅を行っていた事が確認できる。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
△三重県鈴鹿市“椿大神社”の獅子神御祈祷神事より

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
△獅子頭には悪魔除けの力があるとされ、頭噛みの御祓には長蛇の列ができる。

 

竈祓い

伊勢参宮名所図会からも確認できるように、伊勢大神楽の御祈祷は、しばし“竈祓い”と形容される。竈祓いでは玄関より火伏せの祝詞を奏上し門口にて悪魔除けの獅子神楽を舞う。近世には伊勢神宮祭主下神職の身分にあったため、神宮大麻の頒布を始めとした伊勢信仰の布教も役割の一つであったが、伊勢大神楽における御祈祷の主たる意味合いは竈祓いにある。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

 

伊勢大神楽講社の神札

伊勢大神楽講社では神楽大麻・伊勢大神楽護符・鎮火護符の三枚の神札を授与している。神楽大麻は皇大神宮をお祀りする神札であるが、各地の氏神様でお受けできる神宮大麻と異なり、直接神宮を参拝した場合のみ受ける事のできる授与大麻の一種である。かつては伊勢御師が地方に住む人々の代理参拝人として神宮にて御祓大麻を受け、神札には必ず御師の太夫名を明記して配布することが一般的であった。伊勢大神楽講社の神札はかつての神楽大麻・御祓大麻の姿を現代に踏襲しており江戸期に栄えた御師制度の名残を現代に遺している。

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
△江戸時代に使用されていた皇大神宮の神楽大麻(剣祓)※資料提供:皇學館大学佐川記念神道博物館

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
△伊勢大神楽講社の神楽大麻を含む授与品。

楽祓

現代では地域と伊勢大神楽の関係性も多様化している。かつては回檀でのみ神札を受ける事が可能であったが、情報網が発達した現代では、日本中どこからでも遠方で行われる総舞の日程を把握する事が可能である。そのため、毎年総舞に足を運び神札を受ける方の多くは、伊勢大神楽の活動圏外に住まうなど、近代ならではの師檀関係が築かれてきている。総舞でのみ神楽を受ける事を『楽祓(らくはらい)』と呼ぶ。”楽しみながら厄を祓う”の意である。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

 

祈祷と御初穂料

一般に神社にて御祈祷を行う際と同様、神楽の奉納に際して御初穂料をお納めします。古来より日本では祭事の際には神様に農作物をお供えしており、初穂とは、その年に最初に収穫した農作物のことを指します。つまり「御初穂料」とは初穂の代わりとなる金銭のことを言います。また、祈祷に際してお納めする御初穂料の額に応じて奉納される神楽の種類・奉納時間が変化するのが一般的です。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

御初穂料と奉納神楽の目安

  • 参仟円 獅子一頭による神楽
  • 伍仟円 獅子二頭による神楽
  • 壱萬円以上 獅子二頭による神楽/猿田彦(天狗)と獅子による神楽

※少額の御初穂料の場合でも上記と同様、金額に応じて神楽を奉納します。総舞の御初穂料など概要・詳細は別ページにてご確認下さい。