一年を旅に生きる大神楽師は、回檀先で生涯を終える事も多く、墓碑も現地で建てられた。これを「神楽墓」と呼ぶ。滋賀県米原市には寛政11年(1799年)に建てられた山本勘太夫の神楽墓があり、近隣の村には「山本勘太夫が剣三番叟を失敗し、剣が喉元に突き刺さり当地で死亡した」との伝承が残っている。

shuinchohaka

近世まで活動を続けてきた山本勘太夫社中は、明治30年、当時の勘太夫である直江の死去の際、跡継ぎである粂吉が幼年の為、一時社中としての活動を休止する。結果、勘太夫を復活せぬまま生涯を過ごす事となった粂吉は、神楽師生活の晩年、伊勢大神楽講社より当時廃業危機にあった佐々木金太夫社中を任される。

猿田彦面:表猿田彦面:裏

粂吉亡き後も、子である仁一郎、孫にあたる哲夫が佐々木金太夫社中に入門し、昭和46年、伊勢大神楽講社の全面的な支援により哲夫は本来の太夫名である【山本勘太夫】を復活させる。後に、他に廃業した家元である旧加藤孫太夫・旧森本長太夫・旧伊藤森蔵・旧加藤源太夫(責任者:廣瀬文太)の檀那場を一部引き継ぎ、現在に至る。

初穂帳
伊勢大神楽證明書勘太夫襲名

その後、平成20年より入門した真也が、昭和50年代より後継者不在で演じられる事のなかった放下芸【手毬の曲】を始め、多くの滅びた演目を現代に復活させた。それらの実績が認められ、平成26年に勘太夫を襲名し、さらなる芸能の発展に力を注いでいる。

手毬の曲新日本紀行ふたたび