8月29日岡山県瀬戸内市長船町土師『片山日子神社』にて総舞を行いました。

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
本年は事前の予報通りの悪天候、急遽客席にテントを張るなどして対応して頂き、本年も神前での奉納が実現致しました。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
△四方の舞

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
△水の曲(皿)  演じ手は山本源太夫社中 杉浦康博

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
夏の総舞では希少な「吉野舞」の奉納。演じるは源太夫社中。勘太夫社中にはない独特の間や舞手の柔らかさが魅力です。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
△献燈の曲 演じ手は山本源太夫社中 寺尾寛

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
△楽々の舞

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
△剣三番叟

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
最後を締め括るのは「魁曲」
台師(下)は杉浦康博・上乗り(上)は山本真也。所属社中の異なる大神楽師を組み合わせる事で、普段の演目とは違った緊張感が生まれます。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
昨年、約40年ぶりに総舞復活となった片山日子神社ですが、本年も無事に奉納を継続する事ができました。今後も末永く土師における総舞の文化を守り続ける事ができるよう、力を尽くしていきます。

 

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞
総舞終了後は、祇園囃子の曲で町内を囃して歩き、土師の町に別れを告げます。
土師の皆様、また来年までお元気でお過ごし下さい。