太夫村について

About of tayū village

古くは上上野村(かみうえのむら)と称していたが、村の全戸が神職(大神楽を生業とする神楽職と尾張国津島神社の御師である師職に二分される)に従事していたため、桑名藩主松平定綱(在任1635~1651年)が村名を太夫村と改めたと言われる。かつて伊勢神宮内宮御師の荒木田孫福館太夫が桑名を訪れ、太夫村にて伊勢大神楽の家元へ神札の受け渡しを行っていたことが、桑名より諸国を巡る伊勢大神楽(代神楽とも言う)の礎となっている

太夫村

 

増田神社について

About of Masuda Shrin

増田神社は伊勢大神楽の太夫(家元)達が奉斎する彼らの守護神であり通称『増田(益田)大明神』と呼ばれる。祭神は天照大神・武御雷命・経津主命・保食命の四柱である。一年を通じて太夫達は回檀の旅を続けるが、本拠地である増田神社では年末の例大祭を中心とする年中行事が四季を通じて執り行われている。例大祭翌日の十二月二十四日の『総舞』では全ての家元が太夫村へ帰還し盛大に総舞を奉納する為、全国から参拝者が集まる。

5N7A4333

 

伊勢大神楽講社について

About of Ise-daikagura Kōsha

伊勢大神楽発祥の地である、三重県桑名市大字太夫にて伊勢大神楽の各家元が組織している宗教法人である。昭和29年(1954年)に22代目山本源太夫を中心として結成され、同年に三重県指定民俗文化財の指定を受ける。昭和56年(1981年)には「放下の芸系を遺す演目は、芸能史的に貴重であり、獅子による曲芸という芸態にも特色があると認められている」との理由で国指定重要無形民俗文化財の指定を受けている。

伊勢大神楽講社