特集【いけだ落語うぃーく出演報告】

特集【いけだ落語うぃーく出演報告】

4月21日第五回いけだ落語うぃーくに山本勘太夫社中が出演致しました。 『いけだ落語うぃーく』は一週間、上方落語の落語家が日替わりのテーマごとに高座に上がる落語の祭典です。 また、テ …

特集【国立民族学博物館での総舞報告】

特集【国立民族学博物館での総舞報告】

10月22日(土) 大阪府吹田市の万博公園内、国立民族学博物館にて総舞を奉納致しました。 この度の総舞は特別展「見世物大博覧会」開催に寄せた特別総舞となっており、伊勢大神楽における …

大神楽師紹介【山本勘太夫】

大神楽師紹介【山本勘太夫】

1986年、三重県桑名市の隣町、員弁郡東員町にて先代山本勘太夫(哲夫)の長男として生まれる。旅仕事である大神楽師の家元に生まれた影響で、父親と過ごす時間は多くなかったが、毎年奉納さ …

大神楽師紹介【指吸長春】

大神楽師紹介【指吸長春】

かつて旧伊藤森蔵社中の回檀先であった大阪府阪南市にて生まれる。幼少期より地元の祭りや伊勢大神楽の笛・太鼓を聴き、日本文化に親しみを持って育つ。やがて成長と共に興味は芸術へと移り、高 …

大神楽師紹介【石崎雄一朗】

大神楽師紹介【石崎雄一朗】

1985年生まれ。伊勢大神楽発祥の地、三重県桑名市の隣町である員弁郡東員町にて幼少期を過ごす。大神楽との出会いは中学三年生の時であった。 学校の同級生には、先代山本勘太夫の息子であ …

特集【山本勘太夫襲名のご報告】

特集【山本勘太夫襲名のご報告】

2014年12月23日 三重県桑名市太夫『増田神社』にて、伊勢大神楽講社に所属する全ての家元が参加する祭事『神講』が執り行われました。 また、本年の神講を以まして当社中所属の大神楽 …

大神楽いろは【楽々の舞】

大神楽いろは【楽々の舞】

勘太夫社中が夏に回檀する岡山備前では、昔から『楽々の舞』の奉納が重要視されている。楽々の舞と書いて“ささのまい”と読む。他の地域では披露する機会の少ない舞であるが、備前においては楽 …

特集【受け継がれる剣三番叟】

特集【受け継がれる剣三番叟】

伊勢大神楽において奉納される神楽は八舞八曲十六演目であるが、奉納される機会が多い演目も存在する。そのような演目は熟練も速く、社中の得意演目となる事が多い。 勘太夫社中においては【剣 …

大神楽いろは【社中の厄落とし】

大神楽いろは【社中の厄落とし】

毎年一月の末になると、勘太夫社中が冬の拠点とする滋賀県湖南市を森本忠太夫社中が訪れる。御祈祷を日常とする大神楽師の世界には、自らの厄落としを自らの手で行ってはいけないという謂れがあ …