2014年10月4日(土)大阪府堺市北区金岡町『金岡神社』にて総舞の奉納を行いました。

5N7A5337

金岡神社での総舞は2010年より復活しており、以降は金田歴史研究会の皆様が中心となり総舞の運営をして頂いております。

 

 

IMG_2266編集済(笑)
△金田歴史研究会様作成の総舞ポスター

 

5N7A5237
△鈴の舞

約4年ぶりに舞の構成を改良。新手を組み入れた舞は今回が初披露となりました。

 

5N7A5254

5N7A5253
△四方の舞

 

5N7A5298 5N7A5321
△綾採の曲

演者は指吸長春が務めます。

 

伊勢大神楽 5N7A5393
△水の曲(皿)

演者は家元 山本真也です。

 

5N7A5437 5N7A5446
△吉野舞

 

5N7A5484

5N7A55085N7A5475 5N7A5506
△手毬の曲

大阪ではお馴染みの手毬の曲。大変な稽古量を必要とし、至難の放下芸と言われておりますが、道化師役の方に注目が集まります。

道化師役は石崎雄一朗です。

 

5N7A5537 5N7A5576
△献燈の曲

 

5N7A5626 5N7A5628
△傘の曲

 

5N7A5654
△神来舞

 

5N7A5703  5N7A5729
△剣三番叟

 

5N7A5754 5N7A5789 5N7A5810 5N7A5837
△魁曲

 

 

5N7A5870

最後に頭噛みの御祓い・記念撮影を行って本年の総舞も終了となりました。

 

本年も金岡神社までお越し下さった皆様、お世話頂いた金岡自治会・金田歴史研究会の皆様、ありがとうございました。