8月17日、岡山県備前市香登本『大内神社』にて約50年ぶりとなる総舞が行われました。長らく奉納が途絶えていた香登本ですが、関係者様の尽力により本年より総舞復活となりました。

大内神社での総舞報告

大内神社での総舞報告
△四方の舞

大内神社での総舞報告
△綾採りの曲

大内神社での総舞報告
△水の曲(皿)

大内神社での総舞報告
△手毬の曲

大内神社での総舞報告
初めて見る萬歳(漫才)に、香登の子供達も声を上げて反応します。

大内神社での総舞報告
△献燈の曲

大内神社での総舞報告
△楽々の舞

大内神社での総舞報告
忌竹を守る猿田彦(天狗)に、戯れかかってきた天木綿筒命(獅子)が相撲勝負を挑みます。

大内神社での総舞報告
無事、相撲に勝った(?)猿田彦は忌竹を振り、獅子は天地四方を舞踊ります。

大内神社での総舞報告
△神来舞

大内神社での総舞報告
△魁曲(一本立ち)

大内神社での総舞報告
△魁曲(差し上げ)

大内神社での総舞報告

大内神社での総舞報告
総舞終了後は、旧山陽道を囃して歩きます。祇園囃子で香登の町に別れを告げます。

大内神社での総舞報告

日曜日の奉納という事もあり、大変賑やかな総舞となりました。
総舞の復活に向けてお力添え頂いた大内神社関係者様・子供会の皆様、ありがとう御座いました。香登本の皆様、また来年も8月17日大内神社にてお出逢い致しましょう。