12月24日 伊勢大神楽の本拠地である三重県桑名市太夫『増田神社』において伊勢大神楽講社 全5社中による総舞が奉納されました。

5N7A4333
△総舞の開始に先駆け、拝殿にて剣の舞を奉納します。

 

 

5N7A4353

5N7A4357◎
△鈴の舞(石川源太夫社中/山本勘太夫社中)

石川源太夫は現存する5社中において唯一、東阿倉川の系統を引く社中です。猿田彦役は勘太夫社中所属、山本明一が務めました。

 

 

5N7A4369

5N7A4392
△四方の舞・跳びの舞(石川源太夫社中/山本勘太夫社中)

 

 

獅子舞

5N7A4408

5N7A4444

5N7A4451
△扇の舞は昨年に続き、山本勘太夫社中が務めました。獅子の舞手は石崎雄一朗・猿田彦役は藤田直樹です。

 

 

5N7A4473 5N7A44625N7A4486
△綾採の曲(山本源太夫社中)

源太夫社中による綾採の曲です。同社中における萬歳(道化師役と放下師が掛け合う漫才)では、大神楽固有の古典的なネタが披露される事が多く、総舞を見慣れた玄人の観覧者をも唸らせます。

 

 

5N7A4501

5N7A4491

5N7A4548

5N7A4695

5N7A4703
△水の曲(森本忠太夫社中/石川源太夫社中/山本源太夫社中)

 

 

山本勘太夫

5N7A4631

5N7A4655

5N7A4670
△水の曲(戸板廻し/皿)は家元 山本勘太夫が務めました。本年復活した古典芸である戸板廻しも披露され、増田神社の奉納においては約30年ぶりとなりました。

 

5N7A4731

5N7A4723
△吉野舞(山本源太夫社中/山本勘太夫社中)

 

 

 

5N7A47665N7A4770

5N7A47825N7A4785

5N7A4790
△手毬の曲は約2年ぶりに山本勘太夫社中が奉納致しました。演者は指吸長春です。毬を天高く放り上げ、額で受け止める、『霞毬』では、毬の額止めから耳・口に至るまで七度連続して止め技を成功させる至難の技が復活披露され、境内が大いに沸きました。

 

 

 

5N7A4795

5N7A4802◎

5N7A4809
△神来舞(森本忠太夫社中)

 

 

5N7A4838

5N7A4842
△献燈の曲(山本源太夫社中)

 

 

 

5N7A4852

5N7A4860

5N7A4877
△毬獅子の曲(森本忠太夫社中)

森本忠太夫社中の毬獅子の曲は、かつて毬獅子の曲を得意演目としていた故加藤孫太夫社中の流れを汲んでおり、獅子・翁役の掛け合いや緻密な所作に定評があります。

 

5N7A4897

5N7A4903

5N7A4924
△剣三番叟(加藤菊太夫社中)

 

 

増田神社

5N7A4979

5N7A4993

伊勢大神楽

5N7A5051
△魁曲(山本勘太夫社中/山本源太夫社中/森本忠太夫社中)

最後は3組による花魁道中、そして伊勢音頭の唱和で約3時間の総舞奉納に幕を下ろします。

 

5N7A5069

本年の奉納は事前の予報による悪天候が心配されておりましたが、奉納時刻には無事晴天となり滞りなく総舞奉納を終える事ができました。お集まり頂いた皆様方が、また良い年をお迎え下さる事を、桑名の地よりお祈り申し上げます。

山本勘太夫