5N7A6624

1986年、三重県桑名市の隣町、員弁郡東員町にて先代山本勘太夫(哲夫)の長男として生まれる。旅仕事である大神楽師の家元に生まれた影響で、父親と過ごす時間は多くなかったが、毎年奉納される桑名市『増田神社』での総舞を通じ、放下芸や獅子舞に馴染みを持って育つ。中学高校時代は、休みを利用し滋賀県の回檀に帯同するなど、大神楽師という職に理解は示しつつも、世襲制の古典芸能に対する「競争や発展がなく封建的」といった先入観から、自身が職にする意識はなく、大学への進学を選択する。

_

 

5N7A9556

しかし、大学在学中に、NHKで放送された伊勢大神楽のドキュメンタリー番組を見た事で心境が変化する。家元筋の大神楽師であっても芸能者として成功が約束されている訳ではなく、多くの若手が切磋琢磨し明確な実力競争が存在している点や、日々の御祓い回りをこなしつつ宿舎で放下芸の稽古に精進するという過酷な日常風景を目の当たりにし、「大神楽の道が、これ程に困難で奥深いものならば、大学からの就職を擲ってでも挑戦したい」と入門の意志を固める。

_

 

5N7A4019

入門を志願した後の約1年間は、大学で経営学を学ぶ傍ら大神楽の稽古に日々精進し、放下芸や囃子の基礎技術習得に時間を費やした。また、本拠地である『増田神社』への定期参拝や講社長 山本源太夫による講話を通じて、神道家としての礎を築いていった。

_

 

5N7A7386

現在は入門8年目を迎える。大神楽師として修練を重ねる傍ら、自身の経験を踏まえ、大卒など20歳を越えての入門志望者に門戸を開き、社中においても若手参加の稽古合宿を主催するなど、古典芸能の課題である担い手の育成に力を注いでいる。

また、芸能をより広義に捉えるため、各地の民俗芸能研究者・伝承者と独自に交流を深め、それらを元に外部への情報発信を行うなど、内外部問わず精力的な活動を行っている。

_

 

5N7A0822

2014年には山本勘太夫を襲名し、現在は代表として社中を引っ張る立場となったが、当人は自分の役割は何も変わらない話す。
 「勘太夫社中には先人が根付かせた『同じ大神楽をするのなら、人様に喜んで頂ける大神楽をしよう』という言葉がある。ごく短い言葉だが、伊勢大神楽という芸能に当てはめて考えると、大変奥深く、重みのある言葉だと思う。勘太夫社中の大神楽師として生きる以上、その意味は我々担い手自身が今後考え、生涯を通じて実践していく責務があるのだろうと考えている。だから、家元を襲名しようとしまいと大神楽師として生き方に変わりはない。」

_

 5N7A5729

_

大神楽師 山本 勘太夫 (入門8年目)

Kandayu Yamamoto