備中方面の回檀

Bichū, Okayama

十一月、から十二月にかけ勘太夫社中は岡山県の旧備中国周辺を回檀する。備中では、家々のお祓いである回檀に加え山上などに祭られる荒神社での神楽奉納が大変重要視されている。荒神社は氏神・土地・隣組など町ごとに多様な括りで祀られており、伊勢大神楽は年に一度荒神ごとに神楽奉納を執り行う。

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

△笠岡市大島での回檀の様子

早朝、日の出と共に回檀が始まる。山中に点在する集落を村から村へ歩く様は備中ならでは。回檀中には幾度となく荒神での神楽奉納と戸別の祈祷が繰り返され、海と山をそのつど往復する。

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

△笠岡市大島にて荒神の神楽奉納の様子。

隣国である旧備前国では町ごとの総舞奉納が一般的であるが、旧備中国では、より小さい共同体ごとに産土・先祖信仰が遺っていると言える。

伊勢大神楽 山本勘太夫 獅子舞

△浅口市鴨方町六条院西にて荒神への神楽奉納の様子。

大きな共同体の神楽奉納では放下芸が奉納される事もある。